您好,欢迎访问江苏天盈农业有限公司,我们将竭诚为您服务!

网站首页 > 苗木科普 > 染井吉野樱花资讯

染井吉野——东京都花,最正宗的樱花

2020-06-29 09:59:04 江苏天盈农业有限公司 阅读

染井吉野樱花小苗批发哪家价格优惠,详情请咨询江苏天盈农业有限公司


染井吉野是堂本刚发行的首张solo单曲,也是日本最常见的樱花品种,更是每年三月日本气象厅所发表的樱前线预报的参照基准。它产自东京,而非赏樱名所奈良吉野山;它花姿绚丽又遍布全国,却无法无法繁殖后代开枝散叶。


染井吉野樱花期3月中下旬,花先叶开放,花朵有五枚花瓣,花色由淡红色逐渐转白,开花量特大。耐旱性强,耐盐碱,对土壤条件要求不严,生长势健壮是非常优秀的樱花品种。可孤植,可群植,也可作为行道树栽植,是国内樱花市场上炙手可热的高档樱花品种。


在1933年,日本植物学小泉源一的报告,染井吉野Prunus×yedoensis起源于韩国的济州岛(Quelpaert)。在1916年,Ernest Henry Wilson(植物学家欧内斯特·亨利·威尔逊)认为,日本樱花染井吉野是两个野生种日本樱花的杂交种。在1995年,DNA图谱识别技术用于鉴定在日本许多地方种植的樱花,表明染井吉野P.×yedoensis确实是P. lannesiana(大岛樱)和江户彼岸P.pendula(Edohigan)的杂交后代。


江戸時代末期に、染井村(現在の豊島区駒込)の植木屋が、大島桜と江戸彼岸桜を交配して作りだしたもので、当初は桜で名高い奈良県吉野にあやかり「吉野桜」という名でしたが、吉野山の山桜と間違えやすいため「染井吉野(ソメイヨシノ)」と改名されました。

 38yh5.jpg

江户时代末期,一位染井村(现东京丰岛区驹込一带)的花匠用大岛樱和江户彼岸樱杂交培植出一个新的樱花品种,开始时想效仿樱花圣地——奈良县的吉野就把这种樱命名为“吉野樱”,后来为了和吉野山的山樱区别开来就改名为“染井吉野(someiyoshino)”。


この新品種が国民的人気を得たのは、大島桜の華やかさを、花が咲いたあとに葉が出てくる江戸彼岸桜の特徴が引き立ててくれたためで、父母の利点を上手く受け継ぐ逸品だったのです。

 

这个新品种能在全国享有高人气,就在于它集大岛樱的华贵和江户彼岸樱先开花后长叶的特点于一身,继承了父母双方的优良特质,称得上是一款杰作。

 

さらに、十年ほどで立派な木に成長するため、明治時代に全国の学校、公園、沿道、河川沿いなどに次々と植えられ、主流となっていきました。現在、日本の桜のおよそ8割は染井吉野で、最もポピュラーな桜でしょう。

 

而一株染井吉野需要十年左右才能长得枝繁叶茂,在明治时代全国各地的学校里、公园内、街道两旁、河岸边都相继种上了染井吉野,一度成为了一种潮流。如今,日本国内的樱花中有8成是染井吉野,可以说是最受欢迎的樱花。


ただし、染井吉野は観賞用として交配したため、自力で繁殖することができません。全国にある染井吉野は、一本の原木から接ぎ木や挿し木で増やした、いわば“クローン”。そのため同じ条件のもとで一斉に咲き出し、お花見や観測に適しているわけですが、近い将来寿命を迎えてしまうので、その対応が課題になっています。

 

但是,染井吉野是用于观赏而杂交出的品种,自身并不具备繁殖能力。日本各地的染井吉野都是以“克隆”的方式从一株原木上嫁接或插枝而来的。因此在同样的环境条件下可以一齐绽放,以供人们赏花和观测,可是不久的将来这些树迎来生命终点时,找出对应良策就是一个重要的课题了。



标签:   染井吉野樱花小苗批发